1. TOP
  2. 仕事内容
  3. 看護師採用求人情報
  4. [ 名古屋院] 主任 山本

水の森美容外科 [ 名古屋院 ] 主任山本 先輩インタビュー

水の森に入職したきっかけは??

以前より、美容外科で働きたいという思いがありました。臨床経験を積んだあと、転職活動をするときに色々な美容外科のホームページを拝見し、その中で水の森の理念である「患者様中心主義・相互協力の推進・自己啓発の努力」と、理念の元に掲げているクレドに魅力を感じました。その時、ここで働きたい!と強く思ったことを今でも覚えています。見学に伺った際、アットホームでとても丁寧で親切なスタッフばかりだという印象があり、入職を決意しました。

入ってみて実際どうだった?

入職してからプリセプターの先輩がオペ技術を1つ1つ丁寧に指導してくださったので安心して働くことができました。また、知識や技術だけでなく、水の森の「心得」も教えて下さり自分自信を成長させるためのスタッフ教育にも力を入れている環境の中でお仕事できることに喜びを感じました。

美容外科というと売り上げを重要視したクリニックが多いと耳にすることもあります。しかし、働いていく中で「儲かるビジネス」ではなく、カウンセリングからアフターケアまで患者様に親身になることができる「医療」としての分野に変革していきたいという総院長の強い想いを身をもって感じました。水の森は、患者様一人一人と真剣に向き合い、信頼を築いていく、とても真面目なクリニックだと思っています。その場限りではなく、患者様のその先の人生に寄り添って考え、施術できていると身に染みて感じています。これからも、患者様ファーストの温かいクリニックでありたいと思います。

水の森で働く中で、良かったこと&嬉しかったこと

私は病棟での経験もありますが、水の森で働いて、初めて看護師になってよかったと思うことができました。患者様はご手術を終え、鏡を見ると必ず笑顔になります。中には綺麗になった喜びから涙を流す方もいらっしゃいます。綺麗になって喜ばれている姿を見たとき私も自分の事のように嬉しくなります。美しくなるお手伝いをさせて頂ける事にやりがいを感じ、看護師になってよかったなと思います。美容医療を通して、多くの人々に生きる喜びと楽しさを提供できて幸せです。

また、スタッフの意識がとても高く入職した当初からレベルの高さを実感しました。美容好きのスタッフがとても多いので、自然と自分自身の美意識が上がった事も嬉しく思います。更に、尊敬できる上司や後輩に出逢え、気持ちを高め支え合っていける仲間がいることを誇りに思っています。

逆に、苦労したこと&不安だったこと

苦労したことは銀座院への異動でした。約8ヶ月間、銀座院でお仕事させて頂いた事がありました。新しい環境、慣れない場所で頼れる人もいない中、お仕事をするのはとても大変でした。ですが、その経験があったおかげで、得たことも多く、成長できたと思っており、とても感謝しています。

また、私自身「接遇」に対して苦手意識があり、とても苦戦しました。患者様のニーズに応える為には観察力や洞察力が必要になってきます。手術の介助が出来れば良いのではなく、患者様に安心感を与えるためにはどうしたら良いのか、相手の状況を察して臨機応変に対応する事の難しさを感じました。今でも自分自身の課題として向き合っています。大変なことや不安なこともたくさんありますがそれを乗り越えた時、達成感ややりがいを感じ自己成長につながったと身に染みて感じます。

これからなりたい自分像(抱負)・・・仕事のこと、人として

「人間力の高い人」を目指しています。
私が考える「人間力」とは①コミュニケーションスキル②包容力③知性④忍耐力⑤謙虚さをもち合わせた人を指します。
私たちは一人では生きていけません。必ず他者の存在が必要になることがあると思います。そのときに、この5つが必要になり、自分自身の力になるのではないかと考えています。
また、人間力を高める為に自分はこうありたい」という理想を「志(目標)」として掲げることが大切だと考えます。その目標に向け忍耐強く努力を重ねること、そして先ほど記載した5つの項目を鍛えることで、一人の人間として大きく成長出来るのではないかと思っています。
私自身、死ぬまで人間力を高めることに努力したいと思っています!

これから入職される方へのメッセージ

私は、水の森に入職してよかったと胸を張って言うことができます。自分の勤めている水の森が大好きで、この会社で働いていることを誇りに思います。
もちろん、楽しいことばかりではありません。
辛い事もありますが、看護師としてのスキルアップはもちろん、一人の人間として成長できるクリニックだと思っています。
一般の病院で働いていた方でも美容外科で活かせることはたくさんあります。迷っている方、是非一歩を踏み出してみて下さい。
お待ちしております。