1. TOP
  2. 仕事内容
  3. 看護師採用求人情報
  4. [ 東京銀座院 ] 主任 渡辺

水の森美容外科 [ 東京銀座院 ] 主任渡辺 先輩インタビュー

水の森に入社したきっかけは??

学生の頃から綺麗な女の子を見るのが好きで、“どうやったらこんな綺麗になれるのだろう”と漠然とした思いがありました。上京し最初は無難に一般病院に勤めていましたが、地元とは違い東京には美容医療が身近にあることに気付き、すぐに美容医療に興味を持ち始めました。好奇心旺盛な性格だったためプライペートで美容クリニックに足を運び、秘密基地に行くような気持ちでワクワクした気持ちになったのを今でも覚えています。
美容クリニックで働きたいと思い探していましたが、自分はノルマなどがきつい職場には向いてないのと、雰囲気が一番良さそうだったため水の森を受けてみたいと思ったのがきっかけです。

入ってみて実際どうだったか?

分からないことだらけで不安しかありませんでしたが、ナースさん、カウンセラーさん、先生みんながアットホームで柔らかい雰囲気だったため安心しました。
どこの職場も働きやすいかどうかは実際に働いてみないと分からないと思っていましたが、ここだったら大丈夫だと何となく感じました。

水の森で働く中で、良かったこと&嬉しかったこと

良かったことは、人に動かされる人生じゃなく、自分で決めていく生き方が自然と身についたことです。
これは入職し月日が経ち段々と大人になったことも関係しているとは思いますが、 仕事の影響が大きいと思います。
水の森では個人の評価制度があります。
他人ではなく自分で目標を決めそれに基づき仕事をしていきますが、そうすると中々言い訳が出来ないため自分なりに責任を持つようになりました。

もう1つは、色んな考えを持ったスタッフと話す機会があることで、様々な発見が得られることです。
一般病院にいた時はマニュアル以外、基本的に“したらいけないこと”だったので思いもしなかったです。
最初はカチカチになった頭を柔らかくすることに時間がかかりましたが、スタッフの様々な考えを知っていく中で、刺激を受け少しずつ変わりました。何が良い方法なのかを自然と考えられるようになりました。
嬉しいことは「本当に手術をして良かった」と嬉しそうに先生に話す患者さんを見ることです。少しでも関わることが出来てこちらも嬉しい気持ちになります。

逆に、苦労したこと&不安だったこと

苦労したのはオペ介助全般です。オペ介助の経験が無かったため、器械の名前から手術の流れなどをがむしゃらに覚えました。沢山先輩と練習させてもらいましたし、先生にもアドバイスを貰っていました。
もちろん何かと失敗した時は叱られましたし、その時はお互い良い気持ちではなかったと思いますが、沢山叱ってもらったからこそ様々な場面でのリスク回避ができるようになれたと思います。
もう一つは、状況把握です。水の森は予約制なのですが、その中でカウンセリングや手術、検診などがあります。その時その時のタイミングや状況で順序がよく変わるので、その場で優先順位を考え院内の状況把握できるようになるまでには結構時間がかかりました。
また、スタッフはインカムで情報共有しながら動くのですが、これも最初はなかなか耳が慣れず、聞き取ることに苦労しました。

これからなりたい自分像(抱負)・・・仕事のこと、人として

視野を広く持った適切な解決策を提案できる人になりたいです。
なぜかと言うと周りのスタッフにそういう人がいて、助けられた経験があるからです。
仕事をしているとマニュアルには載っていないことや難しい課題がありますが、その時にさっと的確な発言しているところを見て“この人がいると安心感があるな、自分もこうなりたい”と思うようになりました。
そういったところはすぐに身に付くものではないので、日々思考のトレーニングを心がけ行動しています。

これから入職される方へのメッセージ

美容外科に対して色んなイメージがあると思います。
最初は初めての場所で不安や緊張があると思いますが、プリセプターだけでなくスタッフみんなでサポートしていこうという気持ちがあるクリニックなので、ぜひ飛び込んできていただけたらと思います!