1. TOP
  2. 仕事内容
  3. 看護師採用求人情報
  4. [ 看護副部長 ] 小村

水の森美容外科 [ 看護副部長 ]小村 先輩インタビュー

水の森に入職したきっかけと入職後の感想

もともと看護師の資格を取得するなら、美容外科で働きたいと考えていました。
看護師免許取得後は、美容外科で働くなら臨床経験があったほうが良いと聞いていたので、2年程臨床経験を積み美容外科へ転職しました。
複数の美容外科の面接を受けましたが、水の森へ見学に来た際にまだ入職も決まっていないのに、ドクター含めスタッフの皆さんがやさしく、楽しそうに働いていたので、私も一緒に働きたいと思い水の森美容外科に決めました。

入職してからも、見学の際に感じたようにスタッフ同士本当に仲良く、向上心を持って働いている方ばかりでいい刺激をもらっています。
どんなことも指摘しあえる環境なので、自分自身の強み・弱みが明確になり、日々成長できる環境で働けているので水の森に入職して良かったです。

水の森美容外科で働けて良かったこと

やはり一番良かったことは、施術後に患者様が喜ばれて満足されることです。施術を受ける前は緊張と不安から表情も強張っている患者様が施術後は笑顔で満足されている姿を見られることがすごく嬉しいです。また、そのお手伝いを仕事にできていることをとても誇りに思っています。
また、美容外科という事で美意識の高いスタッフが多いので、いろいろな情報が入ってきます!!あれが良かった、次回これを購入して使用してみる!など情報交換をしています。常に刺激を受けるので、自然と意識が高くなり休憩時間にはついつい話し込んでしまう事もあります。

水の森で働けて不安だったこと・苦労したこと

私は、オペ室勤務の経験しかなかった為、静脈注射の経験が全くなかったのが一番の不安でした。入職すると、先輩方が練習させてくださり、繰り返し練習させて頂くことで自信をつけ技術を習得することが出来ました。
オペの介助につくようになると、ドクターの望んでいることを先読みして介助を行い、ドクターと一緒にオペをしている感覚で介助することを今でも難しいと感じることがあります。その為、オペの介助後は毎回振り返りを行い、ドクターからアドバイスをもらいながら、更なる技術向上に努めています。

これからなりたい自分像(抱負)

仕事の面では、思考力の高い人になりたいです。考えるというのは人間の個性であり強みでもあります。どんなことに対しても、単に与えられたからこなすのではなく、時間・手技・方法など考えられることはすべて考えながら最善の方法が選択できるように常に考えて行動できるようになりたいと思っています。
また、どんなことも寛容に受け止められる包容力のある人になりたいです。
日常生活でも、仕事の場面でも、共存していると個人の主観的な感情が湧きがちです。広い視野を持ち、いろんな考え方があるのだと受け止められる余裕を持っている人が理想です。

今後入職される方へ

入職当初は不安しかないと思います。特に研修期間中は覚えることがたくさんあり大変だと思いますが、水の森美容外科では先輩全員でサポートできる体制が整っています。
注入介助一つとっても、シミュレーションを何回も繰り返して自信をつけてから、実際に介助に入っていただきますので安心してください。どのような場面でも後ろには先輩がついていてくれます。1つずつ確実に技術を習得していってもらえば大丈夫です。個々のペースに合わせた指導が出来るよう話し合いながら進めていきます。また、気になることがあれば何でも相談してください。一緒に頑張りましょう!!