1. 水の森美容外科求人情報サイトTOP
  2. 医師(ドクター)の求人詳細
  3. 東京銀座院副院長 竹村 和紀

医師(ドクター)の求人詳細

[東京銀座院]副院長

竹村 和紀

美容外科を訪れる患者様は皆様、数多くの不安を抱えているかと思います。皆様の不安な気持ちが少しでも和らぐよう、そして、輝く素敵な人生の一歩を踏み出せるよう、お手伝いさせていただきます。

求人Q&A

循環器科医から美容外科医になった理由を教えて下さい。
「誰かの一助になりたい」という想い
以前から美容に関して少し興味を持っていたことと「本当に自分がやりたいことをやるべきではないか?」という想いが大きな理由です。
循環器科の際に、元気なお年寄りの方にお話を伺うと、何かしらやりがいを持っている方が多かったことに大変な刺激を受けました。
また、元気な方でも何かしら悩みを抱えているものです。そういった悩みが解決されるだけでもとても前向きになれますし、そこに「誰かの一助になりたい」という想いも重なって、美容の世界に思い切って転身しました。

水の森美容外科に入職した理由は何ですか?
基礎を徹底してトレーニング
循環器時代からの経験から、医学、技術に関しては基礎を徹底してトレーニングすることが大事である、と感じておりました。多数ある美容外科を見学しながら、そのような基礎をしっかりと固めていける環境があるのは水の森美容外科のみであると感じ、入職を決意いたしました。

入職してよかったこと・苦労したことを聞かせてください。
全スタッフの想いが同じ方向性である
入職して良かったことは、総院長をはじめ、スタッフ全員が何とか目の前の患者さんをよくしてあげたい、より良いクリニックにしていきたいという気持ちが強いことです。
職場環境、スタッフに恵まれており、毎日の仕事はとても楽しいです。
また、技術面では一から丁寧に学ぶ機会があり、自分の選択は間違っていなかったと思えています。逆に言うと、実際に手術を患者様に提供できるまでには、他院よりも時間がかかると思います。最初のうちは、とにかくなかなか手術ができない、ということはフラストレーションになりました。ただ、今振り返るとみっちり基礎を磨いて、多少時間がかかってでも技術を習得していけたことは本当にありがたいことだったと感じます。
美容外科への転科を検討している方へのメッセージをお願いします。
美容外科も立派な医学の一分野
美容外科というと、とにかく華やかな印象を持たれる方も多いと思います。もちろん、そういう側面があることも事実かもしれませんが、僕自身は美容外科も立派な医学の一分野だと感じています。日々、勉強することも多いですし、とにかく奥が深いです。手術ができて成功、ではなく患者様に満足していただいて初めて成功、という高いゴールを目指さなければならない、通常の医学分野とは違う側面を持っているのも美容外科の魅力の一つだと思います。水の森美容外科では、じっくり腰を据えて学ぶ環境が整っています。特に他科でキャリアを既に築いている方にとって、転科というのは大きな決心が必要かと思います。僕自身も最初の半年は今までとのギャップや、自由に手技ができずに辛いと感じたことが多かったことを覚えています。ただ、そのつらい時期を乗り越え、振り返ると、自分の決断に後悔はありませんし、水の森に入職できて心からよかったと感じています。皆様の中にも同じ境遇で悩まれている方もきっといらっしゃるかと思いますが、ご一緒に働いてみたいと思って下さるようであれば、気軽に見学にいらしていただければと思います。水の森美容外科を実際に見て、感じて頂きたいです。

経歴・エピソード

医大生時代

医学部時代は部活(バスケットボール)を中心に、病理研究室での研究活動にも従事しておりました。
高校時代と同じくらい、激しく部活動に熱中でき、最後の大会で東医体4位に入賞出来たのは今でもいい思い出です。

病理研究室では、病理標本の作製や肝細胞の再生などの研究活動を3年間行い、その間に研究に対するマインドやPCR/Western blotなど数多くの手技を学び、現在の医師としての礎を築くことが出来ました。

循環器専門医時代

初期研修から千葉西総合病院という日本一のカテーテル治療件数を誇る病院で、朝から深夜まで浴びるようにカテーテル治療/救急治療を学ばせていただきました。千葉西時代には離島医療や葉山ハートセンターへの出向などを経験し、医師として本当に学ぶことの多い期間でした。千葉西時代にお世話になった先生方やスタッフとは今でも交流があり、自分の人生にとっても非常に貴重な時間です。
その後は綾瀬循環器病院という東東京地区の循環器救急の要となる病院で、救急医療のみならず、不整脈に対するカテーテルアブレーションなどに従事させて戴いました。目の前にある心電図を深読みし、ディスカッションを通して追求した上司との思い出も忘れられません。また、綾瀬時代の理事長の理念、医療/患者さんに対する真摯な向き合い方は、今でも自分の目指すところです。
本当に水の森に来るまで、沢山の方々に様々なことを経験させていただき、お世話になり、影響され、今の自分があるのだな、と深く実感しています。