水の森美容外科

  1. 水の森美容外科求人情報サイトTOP
  2. 医師(ドクター)の求人詳細
  3. 東京新宿院 斉藤 貴和子

医師(ドクター)の求人詳細

[東京新宿院]医師

斉藤 貴和子

女性ならではの視点と、しっかりとした医学的根拠に基づく正しい知識で、皆様のお悩みを一緒に解決するお手伝いが出来れば幸いです。

求人Q&A

先生は形成外科時代、特に難治性潰瘍という傷の専門を学ばれていましたが、専攻されたきっかけは何ですか?またそこから美容に転科されたきっかけもあれば教えていただきたいです。
きっかけというほどのものではないのですが、入局した医局のカラーです。形成外科医になることは学生時代から決めていたのですが、2年間の初期研修を終えて、どこの大学の医局もしくは病院に所属するかで悩みました。
結局、母校の佐賀大学形成外科医局の門を叩いて入局したのですが、佐賀大学が当時から難治性潰瘍に力を注いでいたので、自然と私も治療をする機会が多くなりました。

難治性潰瘍は患者さんもご高齢のことが多く、基礎疾患も多くありますから、内科的管理や長期化する入院、なかなか治らないジレンマや少なくない急変などで、敬遠されることも多い分野なのですが、私は逆に知らないこと、分からないことが多いと知的好奇心が刺激されるのか、苦ではなかったですね。
その後ご縁があって入局させていただいた埼玉医科大学形成外科で最新の治療や治験に携わることができたのは今でもいい経験になったと思っています。

美容外科に転化したきっかけですが、正直申しますと、私は絶対美容外科にはいかないと思っていました。完全に食わず嫌いと偏見だったのですが。
そこを変えたきっかけが、当時の埼玉医科大学形成外科の医局長から、医局内の人事の関係で、美容の勉強をしない?と打診されたのがきっかけです。上司からの打診ですから、二つ返事ではいと答えたのですが、やるからにはちゃんとやらねばと思い、休みの土日を使って都内某美容外科や美容皮膚科に非常勤勤務で出勤し、そこで初めて脂肪吸引やフェイスリフトなどの手術を目にして、自分にはまだまだ知らない分野、知らない手術がたくさんある、できるようになりたい!と思い、美容外科をサブスペシャリティーにすることにしました。

数あるクリニックの中から水の森を選ばれたのはなぜですか?
非常勤での美容外科、美容皮膚科勤務を経て、2017年からは美容外科一本で、都内大手美容クリニックに入職しました。そのクリニックも教育制度がしっかりしていて症例数も多いのですが、ある日売上を上げることに精一杯になっている自分に気づいて、これは何か違うなと。
そこで偶然水の森の求人ページを見つけて、「少数精鋭のドクターが揃っている」というところにかっこいいなあと思ったのです。私も少数精鋭になりたいと。そこからアポイントを取って、2日間見学に行かせていただきました。1日目は現上司の津田先生の出勤日、2日目は総院長の出勤日。2日間行って思ったのは、手術がきれいだなあと。二重埋没法にしても私のやっていた埋没法とは大違いだなあと、教わりたいなあと素直に思って入職を決めました。

水の森で初の女医となりますが、女性ならではの視点の違いや先生のこだわりなどあれば教えていただきたいです。
たまたま偶然、水の森に女医がこれまでいなかっただけですよ。
特に初の女医!と取りざたされるほどのことは何もまだしていないし、女医だからどうこうというのはあまり意識していないです。水の森の他の男性の先生もジェントルですよ。
視点の違い…というのはどうなのかな、逆に男性ならではの視点もあると思いますし、難しいですね。大事なのはそのドクターが、患者様が言わんとしていることをくみ取れるかどうかということだと思います。
その点はこだわっていて、患者様によって表現の仕方って違いますから、ご要望をいかにこちらがぎりぎりまで理解できるかということには神経を使っています。言葉だけでなく、仕草とか、表情とか、口調とか、そういうところも出来るだけくみ取るようにしていますね。
もちろん、男性には相談しにくい、という方もいらっしゃると思いますので女医希望ウェルカムです!
これから転職を考えている方に向けて水の森の特徴や、また一緒に働きたい方はどのようなタイプの方などありましたら教えてください。
水の森の特徴は…指導が細かい(笑)。いや、いいことですが。あるデザインの練習で直線が1度くらいずれている、と言われたときは、分院長は分度器持っているのではと思ったくらいです。最初は覚えることも、ダメ出しも多くて大変ですが、上司の先生や周りのスタッフも温かく見守ってくれるので、泣きながら笑いながら成長していける環境だと思います。
これから転職を考えてこのページをご覧になっている方は、すでに初期研修や後期研修などで一度は保険診療を経験している方がほとんどだと思います。保険診療と自費診療、困っている人を助けるという意味では同じですので、過剰に身構える必要はないと思いますよ。ただ、受付カウンセラー、ナース、ドクターのチームプレイが本当に大事な職場ですから、謙虚な心と協調性、周りへの感謝とか人として当たり前のことは要求されます。

経歴・エピソード

大学時代

生まれも育ちも東京でしたが、縁があって九州の佐賀大学医学部医学科に入学しました。
中学生からベースをやっていたのもあって、大学へ入ったら軽音楽部へ即入部。
学校へ行って授業受けるか楽器を弾くかのどちらかしかしていませんでした。バンドを組んで佐賀、福岡、長崎などでライブをしたり、レコーディングをしたり、東京や名古屋へもツアーと銘打ってライブをしに行きましたね。音楽はやっぱり好きで、現在でも某バンドに在籍しています。

形成外科医時代

そもそも形成外科医になることを決めたのは医学生の時です。
海外のドキュメンタリー番組で、小児の患者さんの、生まれつきある顔の変形を手術できれいに治していたのがplastic surgeon、つまり形成外科医でした。
Plastic surgery(形成外科)って何?というところからのスタートでしたが、調べたり見学に行くほどすごく創造的な診療科で、医師でなければ何か創る仕事がしたいと思っていた自分はこれしかないと思って形成外科の門を叩きました。
形成外科医時代は本当に目まぐるしく毎日が過ぎ去って、あっという間でしたね。カンファレンスや回診から始まり、手術の合間を縫って病棟の対応、一通り終わったら明日の準備と当直、学会発表や論文を進め…と忙しくも楽しくもありました。教科書を読みふけっていて夜中の2時だったときはさすがに帰りましたが(笑)。

水の森入職後

水の森美容外科に入職後は、それまでの勤務先で癖づいたことは一度全部洗い流して、一から教わり直しました。まずはカウンセリングや手術に同行させていただいてひたすら覚える。分からないことがあれば聞く。
ボトックスやヒアルロン酸の注入ひとつにとってもデザインやこだわりがあって、それらを一つずつ丁寧に上司の先生が教えてくれます。カウンセリングの仕方も、上司の先生を模擬患者に見立てて最初から最後まで言えるように練習する。最初はこの繰り返しですが、こつこつ積み重ねて、独り立ちできる手技が増えてきます。最近は休日を使って各種学会に参加し、新しい知見を得ることも楽しみになっています。